ローキック の 日々

妖美 猟奇 幻化 怪狂
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 詩 「脳を洗う」 | main |

後悔し、悔い改める元悪人・元差別者達

JUGEMテーマ:日記・一般



 ニュースやメディアで、ニート差別が多い。
ちなみに僕はニートではなく無職である。
ニートではない。
働く意思はあるが働けないちっぽけな存在だと思う。
そしてそういう弱者を茶化すメディアや一般人。
本当に心の底から差別しているかわからないが、
きっと被差別者を馬鹿にしているっぽい。

 

そういう人達はいつか気づくだろう。
特に自殺の原因となる  会社から首にされた40代50代のおじさま達。
いままで弱者を差別してきたのに自分が弱者になると
打たれ弱すぎる・・・
口だけ。。
あぁいやだいやだ。

自殺者達のほとんどの原因が「経済問題」で
そういう元差別者たちは一回死んでいく。
あっさり自殺するのだ。またまた被差別者達より弱い。
やれやれ・・・

そしてまた後悔し泥沼の「第二の生」をいきる。
醜い顔になっても、生きなければならない宿命を悟り、
その時が差別者達の心をいれかえるチャンスかもしれない。

まあ差別を無くしたりするのは至難の業だとも
同情できたりする。
なぜなら僕も差別者であり被差別者でもあるからだ。
結局、僕は自己破壊を望んでいるのかもしれない。
僕がいきつくところはいつも自己破壊願望だ。

まあ自分も他人を馬鹿にはできないジレンマを抱えているなぁ。

そして普通の人や上の身分の人達も
「いっぺん死んで」悟っていくのだろう。

僕も善なのか悪なのか知らないが
「いっぺん死ぬべきだろうか」、
それが自分のためならばありうるが
それでも自我が強すぎるので(自意識系)やはり
いつも未遂で終わる。

他人が誰かを笑うように、自分も誰かを笑う愚かな存在なのだろう、僕は。
どうすればいいか?

 

依存することで良いと思う。お互い依存(しすぎず)しあって(つまり共依存)
一緒に「地球」という我々のホームエリアを盛り上げていこうではないか!!

 


「ブラボー・アース!」   「地球に幸あれ、乾杯♪」

ネット日記 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -