ローキック の 日々

妖美 猟奇 幻化 怪狂
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

詩 「脳を洗う」

JUGEMテーマ:日記・一般



 詩 「脳を洗う」

うずくまって 「もう帰れないかもしれない」

「いや最後の希望を」 と 信じ 桜の木の下 へ

 

泣いても 泣いても プレッシャーをかけられ

僕の脳から 記憶が無くなる

涙もろい 感涙し

それは諦めたくないけれど その時認めたくなかったけれど 

諦めた涙だったんだ 僕は・・・

僕はただただ泣いていたんだ 

嘘の涙では無く 本当に悲しい涙だったんだ

 

 

とても残酷で マイナスで 被差別的な 悲しい感動だったんだ

 

こんな子供の時に感動していた記憶すら 今の今まで思い出せなかったんだ

| permalink | - | -

詩 「ダンシング・フェレット」

JUGEMテーマ:ペット



 詩 「ダンシング・フェレット」

いつも僕とじゃれていたね

 

ちょこちょこ足で歩いていて

甘えていたね

 

そうだよ 僕が買って飼ったのだもの

 

好きだったし、今も思い出の中で

そして僕の脳内で記録され 愛おしいよ

 

最後は弱肉強食の世界へいってしまった

悲しかったけど・・・ ・・・ ・・・

 


屍はどこにあるかわからない

僕はフェレットである君と暮らせて

とても気持ちが軽くなったり

可愛くてしかたなかったり

 

フェレットは部屋の中で走れないように

僕の両親に教育されていたけれど

たまに一緒に僕と隠れて走っていた

君が楽しそうで それを知った時、僕も楽しかった

 

一緒の部屋で暮らしていた頃は、僕のプライベートを

君は見ていて

フェレットの君は僕にとって

人間同士より、精神的に近かった

ありがとう 僕と一緒に暮らしてくれたフェレットよ

| permalink | - | -

詩 「NO SURPRISES(カバー)(※これは僕が大学時代に思ったことを詩にしたものです。)」

JUGEMテーマ:健康



詩 「NO SURPRISES(カバー)(※これは僕が大学時代に思ったことを詩にしたものです。)」

苦しみのない状態を 僕は求めていた

楽しく生きたい

けれど

楽しすぎたら、日常に戻りまた落ち込む 歯車の様だった



若きウェルテルの悩み



ではないけれど この苦しみが終わるなら

これが最後の苦しみだったら それでも良いなと思えるし

現にそういう人達はたくさんいる・・・





一酸化炭素と抱き合いキスをして、

これが最後の僕の時間なんだろう



もう不安も

驚くことも

傷つけ合う事も

差別されることも



なくなるのだろう








権力からも、現実からも、ネガティブなことからも、

これからは 卒業できそうだよ

| permalink | - | -

詩 「月のユニコーン」

JUGEMテーマ:趣味



 詩 「月のユニコーン」

其の強い解毒作用のある角で

僕を浄化して 

すべてを浄化して欲しい

真っ白な体の一角獣は 僕をまた

あの世に連れて行ってくれるんだね

またあの世に戻れるし 僕たちは輝く

僕を浄化して

すべてを浄化して欲しい

| permalink | - | -

詩 「アリア(FF6から抜粋)」

JUGEMテーマ:ゲーム



 詩 「アリア(FF6から抜粋)」

いとしの 貴方は 遠い所へ?

色あせぬ トワの愛

誓ったばかりに

 

悲しい 時にも 辛い時にも

空に降る あの星を 貴方と想い

 

望まぬ 契りを 交わすのですか?

どうすれば? ねえ貴方? 言葉を待つ

 

 

 

有難う 私の 愛する人よ

一度でも この想い 揺れた私に

 

静かに 優しく 答えてくれて

何時までも 何時までも 貴方を待つ

| permalink | - | -

詩 「あの意識」

JUGEMテーマ:趣味



 詩 「あの意識」

あの意識 そう 神の意識さえ

判れば

他の心理学は いらない

それだけわかれば まさに

神レベル

僕たちの星 地球が

神の意識と 繋がれば

とてつもないほどの 前進であろう

あの意識 神の意識を

地球に下さい いろいろな事柄の

「意味」を教えて下さい

意味 も そうだが

僕らには理解を超えるほどの 情報を

主、神様は 知っているのでしょう

でも 地球を優しく見守ってもらいたい

あふれるべくして 見守らえたら良いな・・・

| permalink | - | -

詩  「砂時計」    作詞:DEOさん

JUGEMテーマ:趣味



 詩 「砂時計」    作詞:DEOさん

十分生きた このいのち
失ったものも手に入れたものも
結局は指の隙間を滑り落ちて行っただけ

愛の言葉や妬みの感情も
すべて無にできれば救われるだろうか

ときに人を傷つけては
闇の底へ沈めた
ときに人に傷つけられては
闇の底であがいた

十分生きた このいのち
他者が聞いたらきっと笑うだろう
もういいんだもう十分だ
そしてとめどなく涙を流した

痛みも悩みも
迫りくる災難も
逃れようがない
消し去れない

こんな場所から
消えてしまいたいと
何度も思う
十分生きた このいのち

愛の言葉も妬みの感情も
すべて無にできれば救われるだろう

零れ落ちていったすべて
最後の一粒まで

| permalink | - | -

詩 「悟った者達の場所」

JUGEMテーマ:趣味



 詩 「悟った者達の場所」

釈迦は 仏陀になる運命を 確実に受けていて

他の仏陀も大なり小なり 苦を感じたのだが

確実に その道を 決められた人は

現世で 一番苦しんだ 過去があり

菩提樹に座り続ける苦労を 皆、体験していない

いや その前に普通の人は 消されていて

釈迦で無くても 苦を味わう覚悟と 苦の経験を

受け入れるのなら 悟れるのだろう

誰もが その可能性を秘めている

だが、とてつもない勇気が必要だが・・・ 

天国以上の 極楽浄土の世界 は 

誰もが 行ける可能性を秘めている

| permalink | - | -

詩 「Change Of The Power」



 詩 「Change Of The Power」

回るように

良いこと と 悪いこと と 現実 と

螺旋上に 精神的な会話をする恋人

ぐるぐる グルグル

繰り返したと思えば 今度は何もかもわかったなんて

また振り出し

ただ前よりは少しだけでも良くなっていて 進むことは

時々つらいけれど 前よりは、ましだろう

自分が辛かった事は覚えている 

でも 僕は他人を辛くさせた事もあったのだ

僕は罪を感じる あの時は僕の方針が間違っていただろう

だけれど 正常だとして それは 

偉い人も だめな人も 傷つかないで 未来に行くことは出来ない

どんな偉い人でも 普通すぎるぐらい普通の人でも・・・

僕には向上心がある いや、人知を超える存在が

僕達や地球を 少しでも良くしてくれているのか?

共に いろいろな物や 生物が 少しでも良くなっているのなら

現実も捨てたものではない

太陽の光を 受けながら そう思った

| permalink | - | -

詩 「Beauty&Stupid」(カバー)

JUGEMテーマ:恋愛/結婚



 詩 「Beauty&Stupid」(カバー)

マスカラ付けて 眉毛を書いて

化粧する前に ほんとの気分は

貴方のしぶき待ち 十分すぎるほど

行為が終わって 「さよなら」じゃ寂しすぎるよね

highな衝動は なかなか終わらないものだ

ぶっちゃけて 気持ちよくても 女性は声なんて出さない

恋が始まって 「愛し合いたい」 

でも現実は 私の寂しさ 埋めてくれない

架空の嘘八百 見破れる人いるの?

「オンナ」にとって いや「ワタシ」にとって

自分の子供が成人するまでが SEXだし

滑稽なギャルの会話 わかっている

若い時だけ わかっている

オンナとしてみてくれるのなら 熟女になっても・・・

それは Beauty&Stupid

毎年、桜が散る でも 次の年でも 桜は咲くでしょ

次の年代 40代になっても 50代になっても

オンナは咲くものよ 恋愛は一生もの

それが Beauty&Stupid

| permalink | - | -