ローキック の 日々

妖美 猟奇 幻化 怪狂
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

後悔し、悔い改める元悪人・元差別者達

JUGEMテーマ:日記・一般



 ニュースやメディアで、ニート差別が多い。
ちなみに僕はニートではなく無職である。
ニートではない。
働く意思はあるが働けないちっぽけな存在だと思う。
そしてそういう弱者を茶化すメディアや一般人。
本当に心の底から差別しているかわからないが、
きっと被差別者を馬鹿にしているっぽい。

 

そういう人達はいつか気づくだろう。
特に自殺の原因となる  会社から首にされた40代50代のおじさま達。
いままで弱者を差別してきたのに自分が弱者になると
打たれ弱すぎる・・・
口だけ。。
あぁいやだいやだ。

自殺者達のほとんどの原因が「経済問題」で
そういう元差別者たちは一回死んでいく。
あっさり自殺するのだ。またまた被差別者達より弱い。
やれやれ・・・

そしてまた後悔し泥沼の「第二の生」をいきる。
醜い顔になっても、生きなければならない宿命を悟り、
その時が差別者達の心をいれかえるチャンスかもしれない。

まあ差別を無くしたりするのは至難の業だとも
同情できたりする。
なぜなら僕も差別者であり被差別者でもあるからだ。
結局、僕は自己破壊を望んでいるのかもしれない。
僕がいきつくところはいつも自己破壊願望だ。

まあ自分も他人を馬鹿にはできないジレンマを抱えているなぁ。

そして普通の人や上の身分の人達も
「いっぺん死んで」悟っていくのだろう。

僕も善なのか悪なのか知らないが
「いっぺん死ぬべきだろうか」、
それが自分のためならばありうるが
それでも自我が強すぎるので(自意識系)やはり
いつも未遂で終わる。

他人が誰かを笑うように、自分も誰かを笑う愚かな存在なのだろう、僕は。
どうすればいいか?

 

依存することで良いと思う。お互い依存(しすぎず)しあって(つまり共依存)
一緒に「地球」という我々のホームエリアを盛り上げていこうではないか!!

 


「ブラボー・アース!」   「地球に幸あれ、乾杯♪」

ネット日記 | permalink | - | -

「東洋の平和」と「天皇皇后両陛下の為に」の時代より・・・

JUGEMテーマ:日記・一般



 「某作家」に寄ると、現代より悪い時代は
無かったらしい。


戦時中でも(偽善ではなく)皆明るく暮らしていて、
「東洋の平和」と「天皇皇后両陛下の為に」生きていたっぽい。

大人も子供もそれが正しいと信じていた。
皆この戦争は正しいというのもうなずける。
植民地政策も酷かったし、黄色人種の中で
初めて白人に勝ったのは日本人である。

ただし  だからと言って、戦争が正しいとは言わない。
というより、今が「暗い時代」なだけなのだろう。

 

 

 

あと今日は、夢で江原さんが出てきてもの凄く優しかった(どうでもいいい話題です^^;)

ネット日記 | permalink | - | -

次のアルバム wktk

JUGEMテーマ:音楽



 僕は高校の頃、洋楽に  ハマっていて、色々聞いた。
ロッキン・オンも、ほぼ毎月買っていた。

当時好きだったのは、「ベック・ハンセン」と「ビョーク」と
「ジャミロクワイ」と「マリリン・マンソン」と「プロディジー」と
「オアシス」と「ブラー」etc...

古い洋楽では、「エアロスミス」、「クイーン」、「セックスピストルズ」、
「U2」、「ビートルズ」、「スライアンドザ・ファミリーーストーン」etc...


最終的に落ち着いたのがレディオヘッド。
「KID A」 と  「アムニ」
すごかったです!

 

今度のレディオヘッドのアルバムは全曲、「インストゥルメンタル」 + 「電子音」にして欲しいな。
なにわともあれ「レンタル」しないで「買い」ます^ー^

ネット日記 | permalink | - | -

「Project All-Good」

JUGEMテーマ:日記・一般



 人間はひとそれぞれ、小さい夢から大きい夢
を持っていると思います。

 

 

僕の夢は「全部良くなること」です。

そしてそれを行う行為を名付けて・・・

 

「Project All-Good」

という名前に今日命名しました。
本当は2chで発表しようかなとも考えましたが、
「それはやめとこう」みたいな感じで優しく注意されたので、
この日記に書きました。

僕はこの夢を一生追いかけます(恥

ネット日記 | permalink | - | -

政治と雑文

JUGEMテーマ:ビジネス



 中国が日本に嫌悪するニュースが、少し前あって視聴した。
日本が、どこかの国をかばったことが原因だ。
中国に限らず外交は、難しい。
誰か日本人が間違うと同じ同胞(日本人)が殺される。
あ〜〜〜!僕もネットゲームでPKされたわぁ;;
あの時はショックだった;;
中国が日本を批判するのも嫌だが、
ヤバいパターンでいけば、
中国 vs アメリカ とかやばそう。

たぶん冷戦で終わるのかな??

何を目指して世界が進んでいるのか?
どんな計画が今進行しているのか、
僕には到底分からない。

まあ世界的にも言えないのであれば言わないほうが良いと思う。
平和って願っても願っても難しいんですね。
でもそれを願い続けていつか実現したら、
我々、地球人にとって最高のニュースだろう^^

世界的な望みを持っても実現させてくれない神様がいて
それでイライラするいろいろな国々、

特に

日本のイライラは痛いほど感じる・・・
これからこういう内容の政治内容は何回も書くと思う。
この日本の怨念のような、やりきれない感覚や、
「愛」」を他国に求める心の涙、
憎悪、
他国を、滅亡させたいほどの感情、

僕は無力で、日本のことを思うと・・・


心が痛い。

 

 

 


とりあえずここらへんで政治の話は置いておこう。

そして雑文。
僕が「平和への意志」という原稿を書こうと思った理由は何か?
それは単純なことだった。
皆が優しくしてくれたからだ。
いつも真面目なところで邪魔する世界が、
温かく僕を見送ってくれた日々が嬉しかった。

あと某漫画家の先生が、
ヒトラーの映画プロパガンダを逆手にとり
逆に平和のアニメーションを作ったのにも影響がある。

ニーチェの悪意のある「権力への意志」を

より自分的にも世界的にも善意のある
「平和への意志」にしようと思い立った。

ただし、原稿のアイデアが浮かばない^^;、、、、、、けれど
絶対書きたい。共進化したい。一緒に良くなりたい!自然界であれ
何であれ、自分のことばかりではなく共進化あるのみです。

ネット日記 | permalink | - | -

ブログ限定日記〜!

JUGEMテーマ:インターネット


 雑誌に載っていたのだがmixiが下火らしい。

そのかわり、フェイスブックとツイッターは一位二位を争っていると書いてあった。

僕はSNSを三個やっている。
ちなみにいつも日記を共有して投稿しつずけているのだが、、、、、、、
今回は別だ。

mixiでフェイスブックのことを書いたら不愉快だと思われるし
客観的に見てもダメだと思う。

かと言って他のSNSに書いても変だろうから
結局このブログ「だけ」に書くしか無い。

フェイスブックに力を入れていきたいなぁと、
思ったので今日はフェイスブックの勉強。
知人を検索したら結構出てきたのでドキドキ。
僕のフェイスブックでの友人は
黒人の方がた、三名である。

しかもまったくお互いしらない。
なぜ外人3人で、日本人の友だち登録をしないかって?
それは友達がネットにしかいないからだ・・・

スカイプで友録をみたら三人が、フェイスブックをやっていた。
友録は、フェイスブックでは、しなかったし、
その他のスカイプ友達にもフェイスブックを招待しなかった。
迷惑になる可能性があるからである。

以上、ブログ「だけ」の日記でした^^
ネット日記 | permalink | - | -

いちば

JUGEMテーマ:日記・一般



 昨日、昼寝をしていて、寝ぼけつつ内線に出ました。

そうしたらおばあちゃんと家族と僕で
海に行こうと言われたので早速準備する。
昼飯は寿司屋さんで900円。
夕飯はほっかほっか亭★

浜辺に行きたかったので、ついた時は
波が荒ぶっていて怖いって感じだ。
僕は貝の抜け殻を5,6個拾って
自動車に戻りました。

 

市場にも寄りました。
大トロを食べたことがないので、
探してたら、店があり、ゆっくり
見るだけにしようと思ったのですが、
いきのいい女の店員さんが来てその静寂を打ち破る。
「お兄さん、お兄さん、安いよ、負けとくよ! 
〜千円のところ 〜千円にしとくよ!」
僕は困ってネットの悪い癖で
ふと思い立ったことが
(ケツを出せば、買うよ)
と自動思考・・・
2秒後(あ!ここはリアルだ!と我に返り、)
「お金ないんで買えないです〜^^;」
そしたら女店員さんは
「お金ない?そりゃあしょうがねえなぁw
そりゃあかんわぁwww」
という感じで、何とか僕はセールスから自由になる。


運転中、車の酔い止めを飲んでいたので酔わなくて
気持よかった。ただし海へ行くのは遠く、
車で片道3時間とかは、やっぱきつかったかな><

おばあちゃんと色々話をした。金もくれたというか
お母さんにもあげていていた。

あとおばあちゃんとは、
宗教の話もしたし、海の話もした。僕を励ます話もしてくれた^^

 

追記:今日・現在、クライアント様を一件占わせて頂きました^^

ネット日記 | permalink | - | -

政治報告

JUGEMテーマ:日記・一般



 前回同様、(僕は偉くもないし、普通でもないのに)
今回も政治を報告します。


北朝鮮とは、かなり関係が悪いです。

韓国とは微妙。

 

最後に日本の「まれびと信仰」。
かんたんに「まれびと信仰」をいうと
「外国の人に助けられる」ことで
他の国の文化を自分の国にも
とりいれようということです。

そこで 最近イスラム圏の方々と交流させて
頂いております♪

日本は仏教やキリスト教などは一般化されていますけれど、
イスラームとユダヤ教はまだまだ偏見があるようです。
黒人の方々に関する偏見もあるでしょう。
ですが外国との交流をする場合はあまりふざけられないですね。
特に宗教、文化、常識。
これらのことは馬鹿にされると国単位で抗争が起きるようです。
他の宗教(例:イスラーム)を、ちゃかすことなく
真剣に受け入れる事が重要なのだと思います。
つまり宗教の自由です。それとマナー。

僕もイスラームに関しては昔学生時代ちゃかしたことがありますが、
イスラム圏の方々からみれば馬鹿にされたような
気分だったのだと思います。(スイマセン><)

近頃、僕はそれに気づいたので色々考えさせられます。

特に9.11以降、「キリスト教」=「善」   「イスラーム」=「悪」
のようなカテゴライズがされているように感じますね。

でもイスラームを学ぶと結構良い宗教だと僕は思っています。
「イスラーム」=「悪」というのは間違いでしょうね。
(まあ、イスラム原理主義だけ悪いというのが通説かもしれません)
これから国境を超えて、地球が良くなることを祈ります^^

ネット日記 | permalink | - | -

政治報告

JUGEMテーマ:日記・一般



 僕は偉くもなく、普通でもないのに
政治的なことをしなければいけない。

この日記がその(日本と外国の政治の)報告である。

定期的に政治報告は、やっていくつもりです。

 

まず自分からまいた種。
チベット差別から。

僕は数年前にチベットと中国をふざけて差別した。

後にネットで対立してしまった。
僕はふざけて馬鹿にしただけで、外国の心の痛みが
わからなかった。

でもネットで中国の方らしい人が一人いて、
二人だけになった。

「よし! この瞬間! このタイミングしかない!!!!!」
と僕は思って、
こう言った。↓

「tibetto and China Peace」

そしたら中国の方はログアウトした。
これで一旦、中国と日本は和平状態になった(のかな?^^;)ようだ。

 

そして今の日本の政治問題は「日本と朝鮮の方々」の
対立がひどいことだ。
和平のアイデアは今のところでていない。

僕が関わっているかどうかもわからない。
もし僕が(気づいてないだけで僕が)原因だったら
謝りたい。

 

アメリカとは表面上だけ和平。

以上、政治報告でした。

ネット日記 | permalink | - | -

IMVUというソフト

JUGEMテーマ:音楽



 チャットである人に、昔 IMVUというソフトを教わってインストールした。ほとんど使っていないし、日本語化されていない。
そのまま放置していた。

つい最近、数回メッセージをくれたガンビア共和国の女性。
何度か英語で会話をした。

20代らしいが、母国語は英語のようだ。
実に羨ましい。
英語ができればいろいろな国の人達と交流が出来るし、
一応、国際語のようなものだからだ。

僕はアフリカの音楽のCDは持っていないが
あの太鼓のリズムがとてもとても好きである。
一番世界で好きな音楽はアフリカの音楽かもしれない。
躍動感もあり、踊りなども一緒にみることができたら、
何よりである。

アフリカに限らず音楽が大好きで、最近は中国の音楽を聴いていた。

もしよければアフリカへ行って、
本場の太鼓のリズムを聞きたいとここ数ヶ月思っていた。
ガンビア共和国でその女性の家族のところへ一週間ぐらい
ホームステイさせてもらい本場のアフリカンミュージックを聴きたいが、
家庭の事情もあるだろう。あと僕はとても寂しがりやなので、
ホームシックになってしまうと思われる。

ネットで本場の音楽を聴くのもいいかもしれないし、
日本人がアフリカの音楽を学び、演奏しているのも見たが、
驚嘆した。あのリズムはいきいきとしているし、
魂を揺さぶる。
まあ僕はアウトドア派ではないので
ユーチューブでアフリカの音楽を聴くほうが
似合っているかもしれない。

ネット日記 | permalink | - | -